権利者に関して。2次創作はOK?誰が作っていいの?それらについて解説します。

私たちはVtuberコミュニティが大好きで、皆様が作っているアートやクレイジーな作品を見るのが楽しみの一つになっております。 私たちは皆様の、VShojoメンバーやコミュニティ全体に利益をもたらすVShojoメンバーの知的財産 (IP) を使用した無料のファンプロジェクト ( プロジェクト)の作成をサポートしたいと思っております。私たちは以下のルールを従って頂ければ、基本的にコミュニティプロジェクトの作成を応援するのに積極的です。コミュニティプロジェクトを閉鎖しなければならない事が起こった場合、それはVShojoメンバーに害をなしている物や、メンバーの努力から利益を得ようとしていたプロジェクトの可能性が高いということを覚えておいてください。

1. VShojoメンバーのIPで開発できるものは何ですか?

短くまとめると – 誰に害をなさない、無料でコミュニティの為に物を作るのはOKです。収益を得ようとしたり、誰かに害を与えるような物は禁止です。

とても良い質問ですね。このポリシーに記載されているすべてのルール ( ルール) に従う限り、VShojo, Inc (私達)は皆様の事を罰する事はありません。更に、必ず非商業的  (下記に明記されているものを除き) にコミュニティとして使用するのであれば、私達はあなたに個人的、非独占的、非サブライセンス、非譲渡可能、取消可能、限定的なライセンスを与える事も出来ます。ただし、もしあなたが上記のルールを無視してIPを使用していると私達が判断した場合、いかなる理由であっても、些細なことであっても、理由がなくても、いつでも誰に対しても、私達のIPの使用を拒否する権利を留保します。私達がIPを使用する権利を拒否した場合は、直ちにあなたのプロジェクトの開発、公開、配布を中止しなくてはいけません

2. 商業プロジェクト禁止

短くまとめると – もし何かを作るのなら、購読コンテンツ、お金を取ろうとしたり、IPを使って何らかの収入を得ようとしたりしないでください。ただし、もしその収益が動画や配信などでプロジェクトの宣伝をしている時に得た収益である場合はOKです。その他に私達とライセンス契約を結んだ場合もOKです。

私達のIPを使用した大量生産を考えた商業的なプロジェクト (ファンが作成した物をetsy, Booth,即売会など小規模での物ならかまいません)、資金の一部をクラウドソーシングするプロジェクト、企業や法人が関与するプロジェクト、購読しないと見れないプロジェクト (例:Patreon, YouTubeメンバーシップ, OnlyFans,など) などは私達からの書面によるライセンス契約なしに作成することはできません。ただ、どのルールにも例外もあります!  私達は、個人がウェブサイト、生配信、または動画上でプロジェクトの宣伝をしたメディアの、プレロール広告、広告ブレイク、スポンサー広告オーバーレイなどの適切な広告を通じて受動的に収益を得ることは許可しております。 正し、既に存在している素材、例えば生配信の映像を編集なしでそのままアップロードした動画などに広告をつけたり収益を得るようなことは禁止しております。(例:クリップ集などの動画をマネタイズする事は禁止しておりますが、メンバーレビューや、メンバーについてのオリジナルソングのミュージックビデオにメンバーの画像を表示されたり、生配信についての変な陰謀開設動画などはOKです)

 
 

3. 自分のプロジェクトには、オリジナルのコンテンツが含まれている必要がありますか?

短くまとめると –  コンテンツの上に自分の顔を流しているだけでは不十分です。 使用しているIPコンテンツに更にご自身のオリジナルでクリエイティブなものを追加する必要があります。

オリジナリティを見せてください。皆もそれを欲しております。誰かの物をそのまま自分の物と言い張って投稿するのは誰も喜びません。あなた自身のスパイスを追加してください。生配信にちょっと実況するだけ (例えば字幕を追加するだけや、配信を見ている自分の実況を入れるだけなど) では不十分です。 是非、コミュニティにオリジナルなもので貢献してください。努力し、オリジナリティを含んだものを作ればコミュニティは喜びます!私達は、既存のコンテンツの共食いを防ぐために、私達のIPコンテンツを自動的に識別するサービスを利用する権利を留保します。

 

4. VShojoのロゴや商標を使用することはできますか?

短くまとめると – 私達はなるべくあなたのプロジェクトと私達のプロジェクトが公式的に関連に関しての混乱を起こしたくありません。 私達は、どれが公式のVShojoのプロジェクトで、何がそうでないのかを人々に分かりやすくお伝えしたいのです。 

あなたは、私達との書面による合意がない限り、あなたのプロジェクト、またはウェブサイト、広告素材、動画、またはその他の出版物に、VShojoのロゴまたは商標を使用する許可はしておりません。VShojoの商標、商号、キャラクター名などを使用したドメイン名、ソーシャルメディアアカウントなどの登録は許可しておりません。私達の商標または私達のIPに関連する名称をキーワードやインターネット検索タグとして使用する事も許可しておりません。

また、Vshojoやタレントの公式配布方法で作成・配布された音楽、動画、画像などの素材を使用する事は許可しておりません。もし使用した場合、これらは私達のIPの不正使用となり、VShojoやそのパートナーが作成した著作物を使用した製品やサービスは偽造品とみなされます。(私達がリリースした公式絵などを使用する事により、公式グッズであると混乱させたくないからです) 

 

5. 18禁コンテンツは作成してもいいですか?

上記に記載したルールを守り、非営利かつオリジナルの要素を持つものであれば、18禁やエロを含むコンテンツを作成し、公開しても問題ありません。

ただし、18禁/エロコンテンツは見たくない人に見られない様に気を付ける様心掛けてください。コンテンツを共有する前に、プロフィールに18禁・エロコンテンツを投稿していることを明記してください。これらのコンテンツをSNSに共有する場合、特に注意して欲しく思っております。これらのコンテンツを共有するプラットフォームのガイドラインに従ってください。

 
 

6. 自分のプロジェクトをコミュニティと共有してもいいですか?

短くまとめると – バシバシ共有してください、ただ、公式じゃなくてファンプロジェクトであるという事を明確にしてください。

プロジェクトを他の人に魅せる場合、下記の注意文をはっきりと見える所に記載してください (例:プロジェクトのウェブサイトやYouTube、その他の所などで):

[プロジェクトのタイトル]はVShojoの「権利者に関して。2次創作はOK?誰が作っていいの?」ポリシーに沿って作成しております。VShojo, Inc. このプロジェクトを支持、スポンサーはしておりません。

 
 

7. VShojoは自分のプロジェクトを使用することができますか?

短くまとめると – 使用できます!あなたが作ったアメイジングな作品を世界に共有したり、そのアイデアから更に進化させたいのです!

VShojoメンバーの皆は、コミュニティが自分たちのために物を作って貰えるのが大好きなんです。 あなた方の多くがどれだけ創造的で才能に溢れているかを見るのが楽しみでしょうがありません。 その為、メンバーの皆は愛にあふれるファンプロジェクトにスポットライトを当てたいのです。もし私達があなたのプロジェクトを何か公式なものに使用したい場合は、ファンプロジェクトの作成者に連絡いたします。



Scroll to Top